中高年独身のリアルな悩みと本音サイト

中高年独身の日常でのリアルな悩みや恋愛事情。そして独身を楽しみながら生きている人の本音をまとめました

女性経験100人以上!50代独身男性の結婚できない婚活事情とは?

私は54歳男性です。貯蓄は100万くらい。仕事はフリーのカウンセラーです。

独身のメリットデメリットは?

f:id:stretch-profesional:20190104093517p:plain

メリットは?

ずっと独身です。

メリットは、生活費の負担がひとり分で済むこと。あと、自分の行動について細かいことを言われなくて済むというのもあります。

 

恋人はいても、結婚しているわけではないので、そこまで細かく言われませんから。

 

もともと自分の性格から、あれこれ批判されたり指図されたりするのが嫌だというのもあります。

 

もちろん誰でもそうだと言われたらそれまでですが、程度の問題で、かなり小言の多い人たちと過去に出会ってしまったので懲りているわけです。

 

お金についてもそれぞれの買いたいものを自由に買ったらいいという考えで、自分の財布を奥さんに預けたくはありません。

 

お互い半分ずつ出し合って、共通の財布をもつのはいいかもしれませんが、相手次第ですね。

デメリットは?

デメリットは、将来への不安です。

 

体力の衰えを歳と共に感じ、身寄りのないまま終末期を迎えたらどうしようという不安があるのです。

 

正直言ってこれが一番大きいです。とはいえ、結婚して妻や子供や孫がいても、必ずしも介護や看護の助けになってくれるとは限らないので、それもまた運かもしれませんね。

 

ただ独身のままに比べれば、結婚して家庭をつくっておいた方が、誰かに助けてもらえる可能性は高まると思います。

独身で悩んでいることを複数挙げてください

f:id:stretch-profesional:20190103113248p:plain

①子供を育てる経験ができなくて残念です。

 

②家族連れで出かける人たちを見ると少し羨ましいと思います。

 

③病気になったとき全て自分で何とかしなければなりません。

 

④娯楽を楽しむときに一緒に笑い合ったりする相手がいないのは若干寂しいと思います

 

⑤ちょっとした世間話をするときに「子供さんは?」とか「奥さんは?」とか聞かれるのが非常にうっとうしいです。

 

⑥なんとなく社会的に信用されていないような気がします。

 

⑦短絡的な人たちから「独身=同性愛者」と思われるのは心外です。

これらの悩みに対して努力していることは?

子供を育てる経験ができなくても、動物や魚を育てることで、満足できるように自分に言い聞かせています。

 

また、家族連れで出かけることが必ずしも楽ではないという側面もあると思うので、羨ましく思った時は、むしろ「大変だなあ」と、考えをなるべく変換するようにしています。

 

病気になったとき自分の力で対処できるように、かかりつけの病院は徒歩で行ける範囲に開拓し、いざという時に這ってでも行けるように準備はしています。

 

しかし病気にならないことが第一なので、健康には気をつけ、睡眠を十分にとり、食事は菜食を中心にしてストイックに節制しているつもりです。

 

娯楽を楽しむときは、必ずしも人と一緒に視聴することが楽しいとは限らないと、これまた自分に言い聞かせて、ひとりでしみじみと味わえるような作品を視聴するように努めています。

 

実際恋人や友達と一緒に映画を見ても、傍から見るほど楽しくないということは経験上わかっていますし、なんとなく寂しく感じるのも「ないものねだり」だと思いますから。

 

仕事や近所の人たち、その他、出会って間もない人たちから「家族構成」をさりげなく聞かれてうんざりしますが、「奥さんは?」と聞かれたら「ええ、まあ」とか何とか、適当にごまかすようにしています。

 

もちろん「独身です」と正直に答えることが多いのですが、失礼な感じの相手にはいちいち真面目に答えないようにしています。

 

長年独身でいると、何か変わった性癖があるのではないかとか、いろいろバカらしいことを勘繰られますが、これについても「わたしはストレートです」と表明するようにしており、「そんなこと聞いてません」と言われたりもしますが、アイデンティティーは大切なので強調するようにしています。

 

もちろんLGBTの人たちを差別しているわけではありません。わたしは違う、というだけです。社会的な信用のなさについてはどうしようもないと思います。

婚活など出会いは求めている?生活の楽しみは?

f:id:stretch-profesional:20190104095240p:plain

40代まではマッチングサイトに登録していた

出会い系はこの年齢では無理だと思いますので、ネットでマッチングアプリなどは使用していません。

 

しかし40代前半までは、複数のマッチングサイトに登録し、実際に複数の女性にアプローチして、まっとうな手順を踏んで交際し、ある程度期間が過ぎたらお互い納得の上で別れるということをくり返してきました。

 

なぜ別れたのかは、ケースバイケースですし、ここで語れるほど簡単ではないのでご容赦ください。出会いを求める気もちはとても強いということです。

積極的に行動したけどうまくいかない

 しかしどんなに行動しても、結果的に実りのある付き合いというものに発展せず、もちろん結婚に至ることもありません。

 

わたしは仕事はカウンセラーなのですが、自分の結婚については誰もカウンセリングできないほど無理だと言い切る変な自信があります。

心の奥底で結婚は向いていないという確信があるため、つき合ってきた女性は100人を超えるのですが、最終的に様々な形で破局を迎えてしまうのだと思います。

ただ下に紹介してある教材は本当に効果が出たのでびっくりでした。おそらく自信のない方でもいとも簡単に美女を落とすことができると確信しています。

とりあえず付き合いたい方にはベスト。結婚の保証はできませんが……

【特別版】美女を落とすための会話術~マインドコントロールの一歩手前まで

 

今は出会いを求めることが強迫観念になってると同時に、大きな楽しみのひとつでもあるという矛盾した状況になっているのだと思います。いわば出会いと別れを楽しんでいるという面もあるのです。

 

このようなことをしているからいつまでたっても独身なのだと周囲から呆れられまが、やっぱり独身のメリットデメリットを脇に置いても、自分の無意識として結婚を避けるという気もちが働いているのだと思います。

 

日々の暮らしに楽しみと呼べるものはほとんどありませんが、ネットで好きな動画を見ている時は多少面白いなと思えます。

 

そういえば、「人生は楽しい」とはっきり感じたことはここ何十年もありません。

 

やはり若さというものが希望につながり、無限の未来を錯覚させてこそ、楽しいという気もちも湧いてくるのだとわたしは思います。もちろん異論はあるでしょう。

同じ中高年独身者にアドバイスをお願いします

f:id:stretch-profesional:20190104100249p:plain

歳をとるにつれ、体力の衰えが来るのは仕方のないことです。だったら、他の弱者にも優しい気もちをもつことが自分のためでもあると思います。

 

50代半ば以上の人は親がたいてい戦前に生まれているので、スパルタンな幼少期を送った人も多いかと思います。

 少なくともわたしはそうでした。抑圧された時代を生きて、この浮ついたそして不安な社会で晩年を迎える私たちはずっと大人しくしてきたせいで、この歳になって急に人が変わったように短気になったり横暴になったりする人もいます。

自分を押さえつけてきた反動だと思うのでそこを最も警戒すべきだと思います。 

つまりやけにならないむやみに人前でキレないということです。

スーパーのレジなどで店員さんにキレている年配の男性を見かけるにつれ、本当に哀れな気もちになります。

 

自分より弱い立場の人に怒りをぶつけるのはやめましょう。

周囲からは軽蔑され、自己嫌悪に陥るだけです。

 

サイコパスでもない限り、「人は人に優しく」こそが、私たち中高年独身者の生きる道だと思います。

 

【特別版】美女を落とすための会話術~マインドコントロールの一歩手前まで