中高年独身のリアルな悩みと本音サイト

中高年独身の日常でのリアルな悩みや恋愛事情。そして独身を楽しみながら生きている人の本音をまとめました

40代独身女性の婚活は厳しい?今を楽しむための秘策は?

私は41歳女性、貯蓄額20万円で仕事はサービス業をしています。

独身でいるメリットやデメリットは?

f:id:stretch-profesional:20190101133544p:plain

今まで結婚体験はないため、ずっと独身です。

独身のメリットは自由なこと

 独身のメリットは、自由に行動できることです。

 

自分がしたいことをしたいときにできるため、独身でよかったなあと思います。

 

趣味にお金をかけることができ、家族がいたらできないことかもしれないなあと感じます。

 

独身だと、けっこうモテることもあり、なんだか得したなと思うこともありますし、若い人と話をするときも、独身だと少し軽く見られるからか、相手にあまりプレッシャーを与えないですんでいる気がします。

デメリットは干渉されること

デメリットは、社会生活をする上で独身だと、既婚者の方からの目が時々厳しいことです。

 

仕事を真面目にしていても、「どこかに問題があるから結婚できないんじゃないの?」といったことをたまに言われます。

 

正直、プライベートなことまでは放っておいてほしいものの、独身だと職場でもプライベートに干渉される気がします。

 

また、病気のときは不安が一気にふくらみます。

 

このまま誰にも知られないままこの世を去るんじゃないのかな、とたまに不安になります。

 

結婚していたら、雨の日に迎えに来てもらえるのもうらやましいです。自分の場合、雨の日でも風の日でも一人で家に帰らないといけないのがちょっと辛いです。

 

猫を飼ってさみしさをまぎわらしたいと思う日もあります。

独身で悩んでいることは?5つ挙げてください

f:id:stretch-profesional:20190101133919p:plain

①社会生活を送っていると、既婚者の方からの視線がとても厳しく感じられます。

 

②職場で独身だと「変わり者」扱いされ、仕事を真面目にしていても性格に難ありと決めつけられます。

 

③このままずっと独身だと、もっと年をとって病気になったときに一人ぼっちが辛く感じられる気がします。

 

④いつまでも独身気分なので責任感に欠けた人間のように自分でも思うときがあります。

 

⑤悩みをわかちあえる人がなかなかいないので独身の孤独を味わいがちだと思います。

5つをどのように改善しようとしていますか?

職場では常に「変わり者」扱いされがちなので半ばあきらめつつ、周囲の話題にとけこもうと日頃から努力しています。

 

具体的には、職場の同僚や先輩のお子さんのことを話題に出して、家庭のある方の喜びや悩みをわかちあおうとしています。

 

また、仕事は一生懸命するようにして、独身だからといって責任感に欠けるとは思われないようにしています。

 

残業できるのは独身の自分ならではと思うため、既婚者の主婦の方がお子さんの送り迎え等で早めに帰宅されるときも自分がサポートしています。

 

他の人から浮かないように自分の話題はあまり話さず、既婚者の方の好みそうな話題を積極的に提供していると思います。

 

また、一人ぼっちでも生きていけるよう体を鍛えるよう心掛けているのです。

 

腹筋や腕立て伏せをして筋力をつけるようにしています。エスカレーターはあまり使わず、階段を使っており、足腰が弱くならないようにしているのです。

 

通勤電車では我慢して座席には座らないようにし、足の筋肉をつけるぞと意気込んでいます。

 

自分のきょうだいの子どもの面倒をみて、責任感に欠けた人間にならないようにもしています。

 

子どもと遊ぶのは純粋に楽しいし、たまに面倒をみるときょうだいに感謝されます。

 

自分も役立っているんだなあと思うと、世の中に貢献できている気がするのです。

 

悩みを分かちあえる人がいないので独身の人を見つけたら、それとなく仲良くなろうとしています。

 

独身の人は控えめな人が多いためこちらが悩みを打ち明けてもあまり打ち解けてはくれません。

しかし、あきらめずに独身の人と友達になろうと思い、どんな人とでも分け隔てなく接しています。

 

近所の人にはあいさつを欠かさず、独身だからといってまともじゃないとは思われないよう気を付けています。

出会いは求めている?生活の楽しみは?

f:id:stretch-profesional:20190101134404p:plain

婚活はあまりうまくいかない

婚活などで出会いを求めたこともありますが、あまりうまくいきませんでした。

 

ずらっと並んで一分ごとに違う相手と話をするお見合いのようなものに参加した経験があります。

 

話す時間が一分しかないと、どんな人かもわからないため、あまり自分には向いていない気がしました。

日常の生活は楽しい

生活の楽しみは、ご飯を作ったり、掃除をしたり、日常の何気ないことかもしれません。

 

たとえば、料理をするのは好きなのでものすごく凝った料理を一人で作ることがあります。

 

食べるのは一人なのでそこまで凝らなくていいと思うものの、一度始めるとやめられません。

 

5時間かけて特製のスパイスを使ったカレーを煮込んだり、夜中にクッキーを焼いたりしています。

 

深夜に粉をこねていると、我ながら何をやっているんだろうと思います。しかし、できあがった料理はとてもおいしいので、もしかしたら将来お店が開けるかもしれません。

 

以前、お年を召されたおばあちゃんが経営している料理屋さんをテレビで見たことがあります。

おばあちゃんの作る料理にみんな喜んでいて、私もああいうお店を開きたいなあと思いました。そのときに向けて料理の腕を上げようと考えています。

 

また、猫好きなので近所の猫をかわいがるのも楽しみです。猫を飼いたい気持ちはあるのですが、面倒が見れないと困るなあと思い、躊躇しています。

 

いつも会う猫に話しかけたり一緒に遊んだりしていると、やっぱり変な人と思われているという気がします。

 

しかし人間より猫のほうがかわいいんじゃないの、とたまに思います。

 

おばあちゃんになったら、猫をたくさん飼って家を猫のすみかにするのもよいなあと思っています。

 

独身ながら、それなりに平凡な毎日を楽しんでいます。

同じ中高年独身者へのアドバイスは?

f:id:stretch-profesional:20190101135544p:plain

 同じ中高年独身者の方に本音のアドバイスは、「気楽に行こう」ということです。

 

社会で独身のプレッシャーを感じている方もいらっしゃると思います。

 

しかし、あまり圧力に屈しず、マイペースに生きればいいのじゃないかなという気がします。

 

今さら結婚したいという気持ちもないと思うので、一人でも楽しみを見出せばいいんじゃないかなあと思います。

 

もし、結婚したい気持ちがあるのなら、積極的に婚活をされてもいいんじゃないかなと思っています。

 

とにかく、自分の人生なので他人にとやかく言われることはありません。

どこまでも自由に自分の人生を生きればいいんじゃないでしょうか。

 

私も独身として、楽しく人生を送っていきたいと思っています。お互い健康には気をつけて、気ままに流されて生きていけばいいと思います。

 

もし、どこかでお会いすることがあれば、お酒など一緒に飲めればいいなあと思います。独身でも生き生きした人生を目指してこれからもがんばっていきましょう。